住宅の地盤改良工事(柱状改良)

宅地建物取引士の知識
Pocket

こんばんは!ビルメン会社員3年生の牧健太郎です。

木造戸建て住宅の地盤改良中です。

この地盤改良工事は柱状改良って言う工法で地面に穴を開けながらコンクリートを流し込むといったことをしています。

どんなに耐震性の高い丈夫な家を建てても土地がしっかりしていなければ弱い家になってしまいます。そのため地盤調査を行い必要に応じて地盤の強度を上げるために地盤改良を行います。

コンクリート杭を打ち終わって片付けている最中の写真です。

地盤改良(コンクリート杭打ち)が終わった後の住宅地です。

この後、整地して上に基礎を施工して家が建っていきます。

これが地盤改良のコンクリート杭です。

整地直後の写真はなかったので省略して…

と思ったけど違う現場の整地後の写真があったのでチラ見して

捨てコンの上に鉄筋を組んで

型枠で囲ってコンクリート打設して …

流し終わって写真がないからここからは違う現場から代用して

ベタ基礎が完成してその土台の上に軸組工法で木造住宅を施工しようとする前にガスや給排水の配管設備を仕込んで

あっという間に大工さんのお仕事も終わりつつ

ドーン!!と家が建つわけなのです。